特別養護老人ホーム 唐松荘  
施設紹介

質の高いケアを目指して

施設・在宅ケア研究発表会

社会福祉法人 愛誠会では、ケア研究発表会を年2回行っております。日ごろのケアについて地域の皆様に検証していただいております。

施設ケア研究発表会を平成30年3月10日(土)に行いました。

(助言者)

公益社団法人 認知症の人と家族の会
   顧問 妻井 令三 氏(岡山県認知症介護指導者)

老人保健施設 ライフタウンまび
 教育担当 大熊 正喜 氏(岡山県認知症介護指導者)

発表

特別養護老人ホーム 唐松荘
さくら通り

特別養護老人ホーム 唐松荘
もみじ通り

特別養護老人ホーム 唐松荘
つばき通り

グループホーム 心

ご助言 妻井 令三 先生

 今回も新しい視点で研究テーマを進められ、認知症の方へのケアだけにとどまらず荘全体で専門用語をなくすという画期的な問題提起ができておりびっくりいたしました。またグループホームでは、10年間のケアを振り返り検証し、地域に密着した施設として新しいあり方を模索していってください。

ご助言 大熊 正喜 先生

 助言者として3回目の発表を聞かせてもらいました。若い職員さんが介護の現場で変化のデータをきちんと取りながらいい発表をされていて感激いたしました。認知症だから進むのは当たり前と思わずにケアをされた事例を聞き、これからも長くご利用者のいい暮らしを支え続けていってください。